かずなか歯科クリニックは、千葉市稲毛区山王町の歯医者です

ご予約・ご相談
MENU

かずなか歯科クリニック

新着情報

妊婦になったら歯科検診に行くべき!!その理由と治療について Part 2

2019年5月28日

☆妊娠性エプーリスについて

妊娠時独特の症状であり上の前歯の歯肉が大きく腫れてしまう症状です。

妊娠16週前後に症状を感じやすく出産後には消失してしまうのが特徴です。

☆口内炎になりやすい

口内炎の原因の一つとしてはビタミン不足です。妊娠時がしっかり栄養を取らなくてはならないですがつわりや口腔内の変化により栄養が偏りがちになります。バランスの良い食事を心がけて下さい。

☆歯科検診はどの歯科医院でも受けることが出来るの?

先ずはかかりつけの歯科医院に電話で問い合わせて下さい。自治体によってはチケットを配布していたり、定められた場所で無料の妊婦歯科検診を行っている場合があるので各自治体に確認してください。そして検診を受ける際、必ず母子手帳を持参してください。

☆歯科検診の費用について

住んでいる地域によっても異なりますのでどのような取り組みをしているのか、市役所または保健所で確認してみましょう。自治体によって、妊婦の歯科健診費用の助成があります。治療になる場合は健康保険証を使用しての治療となります。

妊娠中の治療で知っておきたいこと

☆妊娠中のレントゲンは大丈夫?

歯科のX線では撮影場所が腹部から離れているので問題はないと言われています。歯科でのレントゲン撮影での放射線被ばく線量はわずかです。胎児に影響の出る可能性がある放射線被ばく線量に達するには、歯科のレントゲンでは約50,000回位です。ただ、それでも心配な場合は歯科医師と良く話し合って治療を行う事をお勧めします。

☆妊娠中の歯の麻酔は大丈夫?

安定期に入れば積極的な歯科の治療は可能です。麻酔の量も通常の使用量であれば胎児への影響はありません。妊娠初期や後期は麻酔を使用するような治療は積極的には行わない方がようでしょう。

★まとめ★

妊娠中は口腔内の細菌の変化で歯肉炎や虫歯になりやすいので安定期に入ったら積極的に検診を受けましょう。痛くなってからでは遅いですし母子共にストレスになります。生まれてくる赤ちゃんに為にもまずは母親の口腔管理は必須です。何か疑問に思っている事や不安な事があれば掛かりつけの歯科医師や歯科衛生士に質問してなるべくストレスを抱え込まないようにしましょう。

かずなか歯科クリニック歯科衛生士 吉田葵

妊婦になったら歯科検診に行くべき!!その理由と治療について Part1

2019年5月21日

妊婦になったら歯科検診に行くべき?いつ?行かないとどうなるのか知りたい

こんにちは。かずなか歯科クリニック歯科衛生士の吉田です。

妊娠して歯科検診に行った方が良いのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

又、妊娠中に虫歯が増えてしまった、、歯茎が腫れやすく歯ブラシをした時に出血してしまう、、など感じている方も多いと思います。妊娠中はお口の中にも変化が起こります。何故変化が起こりやすいのでしょうか。それは女性ホルモンの変化と細菌に関係があります。妊娠中にお口の変化に悩まれる方の参考になればと思います。

1.安定期(4か月)に入ったら歯科検診を!

妊娠初期(~15週)は胎児の感受性が高い為一般的には控えて頂いた方が良いです。つわりも減退してくる安定期から歯科治療を受けて下さい。

また妊娠後期(28週~)はお腹が大きくなりユニット(治療を受ける時に座る椅子)を倒す際に仰臥位性低血圧(お腹が圧迫され苦しくなったり気分が悪くなってしまう症状)を起こしてしまう恐れがあります。

2.歯科検診を受けなかったらどうなる?デメリットについて

妊娠中は積極的な治療が難しくなります。痛みが出た際、非妊娠時に出されていた薬が服用できず痛みに悩まされる事もあります。痛くなってから歯科医院にかかるのではなく安定期に入ったら積極的に検診を受け口腔内を整えて下さい。

3.妊婦によくあるお口のトラブル

妊娠中は非妊娠時に比べホルモンが10倍~1000倍に増えると言われています。これらのホルモンは口腔内にも影響を及ばします。

歯肉炎になりやすい

妊娠中はホルモンの変化とプラークの存在により歯肉炎になりやすいです。

中期~後期にかけて症状が現れ悪化しやすくなります。

また歯肉炎の原因となるプラークは炎症関連物質であり血液に運ばれ子宮の収縮を起こし早産の原因とも言われています。

☆虫歯になりやすい

妊娠初期はつわりの影響によりブラッシング困難になります。非妊娠時も同じ事ですがブラッシング不足は虫歯の原因となります。それに加え妊娠時はつわりにより胃酸が逆流し口の中を酸性にします。口腔内が酸性に傾くと虫歯のリスクが上がります。結果、虫歯になりやすくなります。

妊娠時は積極的な薬の服用が難しいため痛みに悩まされストレスを感じ、母体だけではなく胎児にも影響を及ぼします。

☆お口のネバネバ・口臭が起きやすい

妊娠中は細菌の変化やストレスにより唾液の分泌量が減少します。唾液には自浄作用(自然に生じる殺菌、消毒効果)があるので口腔内が乾燥すると細菌が繁殖しお口のネバネバや口臭が起こります。

続く

歯茎が下がる原因を知って、改善したい。また、そうならない様に予防したい!Part2

2019年5月18日

☆歯磨き下がりを予防する方法はある?

*歯磨きの仕方を見直して、歯茎が下がってしまう多くの原因は歯周病や過剰なブラシ圧です。
歯周病予防としてはブラッシングが必須です。歯茎や口の中に合った歯ブラシや補助的清掃用具を使用して下さい。

☆オススメの歯ブラシ
<DENT EX systema>
スーパーテーパード毛が、歯周ポケットや歯間部に無理なく届き、プラークコントロールに威力を発揮します。

【 用 途 】歯周病・知覚過敏・成人

特長
狭い歯間部や歯周ポケットに届く、細くしなやかなスーパーテーパード毛を採用。
独自の毛先形状は狭い歯間部や歯周ポケットに容易に到達し、歯肉縁下のプラークを除去します。
また、歯肉縁上の平滑面でも優れた刷掃性を示します。

歯肉へのストレスも抑えられ、やさしい磨き心地です。
スーパーテーパード毛ではストレスが最小に抑えられ、歯肉にやさしく安全な磨きごこちです。

毛の硬さ M/H(毛腰の違い)
毛先のタイプ スーパーテーパード(超極細毛)
ヘッドの大きさ 42(レギュラー) 44(コンパクト)
ハンドルカラー レッド/ピンク/ブルー/グリーン

☆オススメの歯磨き粉
<リペリオ>
*歯肉を活性化し、歯周組織の回復を助ける歯みがき剤です。表層タンパク質を凝固することで、組織内部における生体の修復を促し、そして、血行促進することで組織の代謝を活発にする歯肉活性化歯みがき剤です。

【成分】OIM加水分解コンキオリン(湿潤剤)・塩化ナトリウム(薬用成分)・ビタミンE(抗酸化剤)・生薬(清涼剤)

*歯ブラシに適量をとり、主に歯ぐきを中心にブラッシング(マッサージ)してください。
その後、軽くすすいでください。

☆そのままにしていたらどうなる?
*歯周病は放っておくと歯茎が下がり歯槽骨が吸収してしまい、歯が抜けてしまいます。
過剰なブラッシングは歯茎が下がり知覚過敏を起こす原因になります。

★まとめ
日頃から歯周病対策として歯ブラシはとても大切です。ですが一生懸命行う余り過剰なブラッシング圧になってしまっては歯肉を下げてしまう原因になります。適切な圧力をかけてブラッシングを行って下さい。

歯茎が下がる原因を知って、改善したい。またはそうならない様、予防したい!

2019年5月14日

こんにちは( ^∀^)
かずなか歯科クリニックのスタッフです。

長かったGWも終わり、すっかり日常生活に戻りました。

皆様は何処かへお出掛けになりましたか?

5月も半ばに入り、いい季節になりましたね☆

前回のblogでもお話をしましたが最近、TVでお口の中のケアについて取り上げられる事も多くなりました。

今回は歯茎が下がる原因、改善、予防について何回かに分けてお話させて頂ければと思いますので参考にして下さい!

毎日ちゃんと歯磨きしてるのに、歯茎が痩せたり歯茎が下がってきて、不安な方も多いのではないでしょうか。
歯茎が下がる原因はそれぞれありますが正しい知識を持って頂ければ事前に防ぐ事が可能です。
ご自身の歯をチェックした時に歯が長くなってしまったと感じる方もいらっしゃると思いますが歯が伸びたのではなく歯茎が下がってしまっているのです。
特に下の前歯で実感する方が多いようです。

☆歯茎が下がる原因

*歯周病によるもの
一番多い原因は歯周病です。歯周病とは細菌感染症で骨が観戦してしまい骨が吸収してしまうとそれに伴って歯茎が下がってしまいます。40代の80%の方は歯周病になっているので殆どの方は歯周病による歯茎の退縮です。

*加齢によるもの
歯茎も年をとります。加齢によって少しずつ歯茎は下がってきます。

*間違った歯磨きによるもの
意外と知られていないようですが歯ブラシ圧が強いと歯茎は下がってきて縁が輪状盛り上がってきます。そしてやがて知覚過敏を起こします。

*噛み合わせによるもの
噛み合わせが悪く歯に過剰な力がかかると歯槽骨が吸収されそれに伴って歯肉も退縮します。

*歯並びによるもの
歯並びが悪いとブラッシングがうまく出来ず過剰なブラッシング圧がかかって歯茎が下がってしまったりプラークが貯まり歯周病になりやすく歯茎が下がってしまいます。

*インプラントや差し歯によるもの
インプラントの上部構造と粘膜や補綴物(人口的に作られた歯)と歯肉の形態が合っていない場合はプラークが貯まりやすく歯周病になりやすく歯茎が下がってしまいます。

*歯茎が薄い
日本人はとても歯茎が薄い人種ですが人それぞれ歯茎の厚い方、薄い方がいます。歯茎が薄い方は過剰なブラッシング圧により歯茎が下がりやすいです。

〜続く

美しさは顔の下3分の1で決まる!

2019年4月29日

こんにちは!稲毛区山王町かずなか歯科クリニックのスタッフです(^ ^)昨日テレビを観ていたら「美しさは顔の下3分の1で決まる!だから口元の印象はとっても大事!!」という内容で芸能人の歯磨き事情等が放送されていました。タレントさんがそれぞれセルフケアを行った後、染め出し(プラークが赤く染まる液)をしてプラークチェックを行っていましたね☆
かずなか歯科クリニックでも定期検診にいらっしゃる患者様には染め出しをしてプラークチェックを行なっています。どこにプラークが残るか把握してセルフケアを行う事はとても重要ですよね。(^ ^)