かずなか歯科クリニックは、千葉市稲毛区山王町の歯医者です

ご予約・ご相談
MENU

かずなか歯科クリニック

稲毛区の歯医者かずなか歯科クリニックでは無痛治療を行っています

かずなか歯科クリニック式『無痛虫歯治療』

一般歯科「歯医者さんは痛い」「だから行きたくない」とお考えの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。そのまま放置してしまうと虫歯はどんどん悪化してしまうという事も、もちろんお分かりだと思います。「最終的に歯医者さんに行こう」では遅いのです。
進行してしまった虫歯は最悪抜歯という事にもなってしまいます。
ご自身の大切な歯を失わない為にも早期治療はとても大切です。
当院では、痛みをなるべく感じない『無痛虫歯治療』を行っております。かずなか歯科クリニック式『無痛虫歯治療』をご説明します。

4つの特長

1. 安心のカウンセリング

カウンセリング大人の方でも治療というのは緊張と不安を感じてしまうものです。その為、神経も強張って痛みをより敏感に感じやすくなる可能性があります。そんな状態を少しでも軽減できるように、事前にしっかりとした治療内容のご説明を行い、安心して治療を受けて頂けるようカウンセリングを行います。

2. 電動麻酔の使用

電動麻酔の使用通常、麻酔は注射針で手動により注入されるため、余計な圧力により痛みを感じます。
当院では自動で一定のスピードで麻酔液を注入する電動麻酔を使用しています。
そのため、痛みもあまりありません。

3. 表面麻酔で注射の痛みをやわらげる

表面麻酔で注射の痛みをやわらげる表面麻酔とは、歯茎の表面に塗る麻酔のことです。
この後に行う麻酔の針の痛みをやわらげるために行うもので、針は使用せず麻酔薬を染み込ませたガーゼやコットンを歯茎に詰め浸透させていきます
そのため、この後の電動麻酔の痛みも一層軽減されます。

4. 注射針は一番細い針を使用

注射針は一番細い針を使用麻酔で使用する針にも様々な太さがあります。太いほど痛みも感じやすくなります。
当院で使用している針は『33G』という一番細いものを使用しているため、
痛みをあまり感じることはなく、無痛虫歯治療が行えます。

できるだけ削らない治療

かずなか歯科クリニックでは、患者さんご自身の健康な歯を少しでも残すため
なるべく削らない治療を行なっています。
治療は虫歯の箇所を削っていくものですが、健康な歯まで無駄に削られてしまわないよう、
肉眼の約5倍で見える拡大鏡を使用し、虫歯の箇所だけを細かく丁寧に削る治療を心がけています。

レーザーによる歯科治療

レーザーは、虫歯の切削から軟組織の切除、殺菌や洗浄、除痛、治癒の促進など、さまざまな用途に使用ができます。
いずれの治療においても、レーザーを使用しない場合に比べ、治療の精度を高められると共に、低侵襲で患者様への負担を最小限に抑える処置が可能です。

当院がレーザーを使った歯科治療を選択する理由

1.低侵襲で痛みのない治療

レーザーによる虫歯治療はドリルで虫歯を削るのとは異なり、摩擦による熱が発生しないため、神経の炎症を誘発せず、治療中の痛みがほとんどありません。
また、ドリルよりも細かく切削できるため、低侵襲で治療でき、削った面が滑らかに仕上がります。
そのため、詰め物・被せ物の適合も高くなり、より長持ちする治療が行えます。レーザーは患者様の身体的・精神的ストレスを軽減し、治療の質も向上させるツールであると言えます。

2.高い殺菌・洗浄効果で細菌を排除

レーザーは殺菌効果や洗浄効果も優れているため、歯周病や根管治療においても大いに力を発揮します。
薬剤を併用するPDT(フォトダイナミックセラピー)は、スケーリングでは除去しきれない細菌も死滅させられるほか、抗生物質による耐性菌の発生も防止できます。
また、根管治療においてはレーザーによって狭い根管内を根こそぎ洗浄し、さらに殺菌も行えることから、細菌の取り残しや感染拡大のリスクを防止する上で非常に有効な手段となります。

3.疼痛を取り除き、治癒を促進

レーザーは軟組織の治療にも有効です。舌小帯の切除などの外科手術では切開と同時に傷口を殺菌・凝固させるため、痛みや出血を抑制することが可能です。
また、顎関節症などの場合には組織の内部にレーザーを到達させ、痛みの元となる分子を散らすことで疼痛の緩和・解消が行えます。
さらにレーザーによっては細胞を活性化させる効果もあるため、外科手術による傷や顎関節症で傷んだ組織の治癒を促進させることが可能となっています。

当院で使用しているレーザー

半導体レーザー フィリオ

特徴

•LLLT作用(※1)、光線力学療法(PDT)(※2)として利用できる
•特にLLLT作用としては、照射部分の痛みの緩和効果
•スケーリング後、歯の漂白後の痛みの緩和効果
※1 LLLT作用とは、組織の活性化させ、傷の治りを促進させることを言います。
※2 薬を使用しない、光による殺菌システムです。がん治療やニキビ治療に使用されています。

治療に適している症状

知覚過敏

歯ぐきがやせるなどして、冷たい物が歯にしみるような知覚過敏症の場合、レーザー治療を行うことで歯の神経を鎮静し、症状を改善します。

入れ歯によってできた傷(潰瘍)

歯肉の一部に入れ歯が強くあたってできた傷の痛みを緩和させつつ、早く治す効果があります。

歯周病

レーザー治療によって細菌数の減少をはかり、炎症組織を焼き取ります。レーザーには創傷治癒促進作用という傷ついた組織・細胞の再生を促す作用があるため、その後の歯周病の再発率が低くなります。

歯肉メラニン除去

メラニン色素が沈着して紫になっていたり、黒ずんでしまった歯ぐきにレーザーを照射すると、いきいきとしたピンク色の歯ぐきが蘇ります。

インプラント周囲炎

インプラント治療の際、治療する箇所にレーザーを照射するとその周囲を滅菌し、歯肉が整える効果があります。これにより、インプラント周囲炎を予防し、安全で回復の早い手術を行うことが可能となります。

治療費目安

クラウン(単冠)

メタルボンド 60,000円+税~
オールセラミックス 60,000円+税~
ジルコニア 70,000円+税~
e-max 70,000円+税~

インレー

セラミックス・ジルコニア他 20,000円+税~

痛くない・なるべく削らない虫歯治療なら当院までお問い合わせ下さい。

このように、当院ではご自身の歯をなるべく削ることなく、
治療の痛みも感じないよう、細心の注意をはらっております。
自分の歯を少しでも残したい、健康な口腔内状態を維持したい、痛みのない虫歯治療を受けたいという方は、かずなか歯科クリニックまでお気軽にお問い合わせ、お越し下さい。